シニア層の居心地の良さを最優先しよう|サービス付き高齢者向け住宅

インテリア

高齢者が住みやすい

室内

万全な環境

高齢化社会の今、お年寄りが住みやすい環境が万全ではないと言われているが、ある住宅が増え続けている。それは「サービス付き高齢者向け住宅」である。サービス付き高齢者向け住宅は60歳以上のための住宅として建てられているので、基本的に60歳未満の人は住めない。室内が全室段差がなく「バリアフリー」になっているのが特徴で、お年寄りが住みやすい環境が整っている。主な入居条件は、自分で身のまわりのことができること、認知症でないこと、感染症にかかっていないことである。最大のメリットは、ほかの施設に比べて賃貸料が安いことである。初期費用が100万円未満と低額で済むのも、サービス付き高齢者向け住宅ならではの魅力と言える。

徹底的に調べておく

「サービス付き高齢者向け住宅」は、個室とはいえ住む人は60歳以上の高齢者なので、コミュニケーションが取りやすいと言われている。収入や資金についてはさほど影響はないが、連帯保証人が必要となるので、身寄りがいないと入居は厳しい。この住宅には、サービスのひとつに生活相談サービスというのもある。普段生活して困ったことや悩んでいることを正面から向き合って、解決へと導いてくれる。サービス付き高齢者向け住宅を選ぶときは、スーパーがあるか、街灯はあるか治安は良いか周辺の環境もきちんと確認しておく。「自分の求めている条件とぜんぜん違う」と住んでから後悔することがないように、事前に徹底的に調べておかなくてはならない。シニア層の居心地の良さを最優先すると良い。

お得に購入

一軒家

介護に関係する問題には介護用品の購入があります。介護用品を購入するためには通販を活用することがうってつけです。通販で購入することによって大きなメリットを感じることができるでしょう。

詳細を読む

役立つサービス

男性

家族が介護をすることができない時間に利用することで高齢者のサポートとなるデイサービスが注目されています。特に広島ではデイサービスを利用している人が多くなってきているのです。

詳細を読む

施設を利用

家

大きな負担を抱えることがないように、介護施設を利用して介護のストレスをなくしましょう。広島には多くの介護施設が存在してます。利用している高齢者は快適な生活を過ごすことができます。

詳細を読む